年子兄弟寝かしつけ作戦!後編 ~訪れる限界~ by あざみ

 - しくじり育児, 二人目以降, 寝かしつけ

   

だいごろうとこごろうの

オカンあざみです。

 

前回の続きです

(前半の記事はコチラ→年子兄弟寝かしつけ作戦!前編~ベビーベッドで寝れる子に育てたい!~

ベビーベッドの道 その②『立ちはだかる疲労と年子という名の壁』

 

順調にベビーベッドの道を

進んでいたのだが

 

 

長続きはしなかった。

 

次男の泣き声で長男を起こさないように、少しの泣き声でも起きられるよう気を張っていた

少しの泣き声でも察知して起き上がれるよう

いつも気を張った状態で寝ていた私。

 

そんな状態なもんだから、眠りも浅く

だんだんと寝不足と疲労が重なっていった。

 

3時間ごとの授乳の最中も眠すぎて

意識が朦朧としていた。

 

 

そして恐ろしいのが、

 

 

 

 

長男と次男2人とも泣き始める

ベビーベッド着地失敗

 

時たま背中スイッチが作動してしまい

せっかく寝ていたのに起きてしまう時があった。

 

その場合

「寝かしつけ初めからやり直しの刑」に科せられる。

 

さらに長男の眠りが浅く

 

1歳半を過ぎても酷い時は

30分~1時間ほどで目を覚ましたり

一度起きるとなかなか寝ない事も多々あった。

 

次男よりも頻繁に起きるもんだから、

長男の寝かしつけも同時進行しなければならなかった。

 

 

 

授乳のあと長男を寝かしつけ、

そうこうしてるとまた次の授乳時間がやってきて、

授乳後次男がウンチしてオムツを変えて、

また長男が起きて‥また寝かして

また次の授乳がきて…

 

順番に起きる年子の兄弟を寝かしつけし続け、朝が来る

うまくいかない日は

朝まで徹夜の時もあった。

 

 

 

ベビーベッドの道 その③『添い乳は神』

 

少しずつ体に溜まっていく疲労

 

限界はすぐそこまで近づいていた。

 

 

連日寝不足で辛くて、

起き上がっていられなくて

 

 

 

 

 

添い乳の素晴らしさに気付く

結局、添い乳は神だと悟る

 

ベビーベッドから抱き上げてその後いちいち戻して、

授乳時間が来る度に起き上がる事を続けてきたが。

 

もう無理

 

そして、ついに禁断の沿い乳をやってしまった…

 

 

罪悪感と後悔は強すぎる眠気によって

夢の中へと消え去ってしまった。

 

 

 

ベビーベッドを諦めてみたら

 

ベビーベッドで寝かす事を諦め

同じ布団で寝かせて沿い乳をするようになってからは

以前と比べとても体が楽になった。

 

何しろ、夜中何度も起き上がる必要が

無くなったのだから当然だ。

 

年子だし長男は寝ない子だし

夜中ワンオペでみているし

こんな生活続けるなんて無理だ!

 

そんな半ば諦めモードで始めた添い乳だったが

なぜか次男は添い乳しても4~5時間続けて寝てくれた。

 

 

いままでの努力はなんだったのか。

 

ベビーベッド神話は崩れ去り

結局は子供の性格次第なんだと思った。

 

 

 

何事も頑張りすぎは続かない。

 

うまく力を抜くところは抜く事が

育児を乗り切るコツなんだと学んだオカンであった。


作者:あざみさん
あざみさんの記事一覧を見る⇒
あざみ

関連記事
夫のどうしても「理解できない一面」 by あざみ



 - しくじり育児, 二人目以降, 寝かしつけ


  関連記事

 - しくじり育児, 二人目以降, 寝かしつけ