誕生日に2歳息子が爆笑の渦を引き起こした出来事 by 綾乃かずえ



 - 2歳児, しくじり育児, 会話

   

息子が1歳1か月の時に初めて行った初詣。神社の鳥居の前を通る度、パチンと手を合わせていたのにビックリしました。

まだ言葉の話せない息子。それに、まだ真似っこもパチパチ、バンザイくらいの息子。初めての場所で拝む人の姿を初めて見て、すぐ両手を合わせたのでした。とても驚きました。

夫は「神様が、息子へ話かけていたのかもね…?」と興奮気味。

私も「そうかもしれないね…!神様のご加護がありますように!」と返して帰路に着きました。

その後、ちょうど良い機会だと家にある仏壇で手を合わせる時や、お墓参りのときに「のんのん」と教えていました。

やんちゃで動きたい盛りの息子も、火のついたローソク、ゆらゆらと立ち上る線香の煙、おりんの静かな響きに興味津々で手を合わせます。すぐに「のんのん」という言葉も覚えました。

まだ本当の意味はわからないにしろ、手を合わせること自体大切なことだと思っていました。

さて、そんな息子も晴れて2歳の誕生日!
今日は、ばあばやおばさん(私の姉)もお家に来てくれて祝ってくれています。御馳走を食べてプレゼントをもらって… ケーキにローソクをつけて…

「電気を消すよ~! さあ、歌って~♪ ハッピバースデートゥーユー♪」

「わあ!わあ!」

暗闇で息子の興奮する声が響きます。

 

そして―――、

 

彼はぼんやりと光るローソクの火を見て、なんと言い放ったと思いますか?

ええ、そりゃあもうキラッキラ☆の輝いた目で。「それ知ってます!」というしたり顔で。

 

「のんのん!!」

 

 

一同、一瞬クエスチョンマークが頭の上に飛び出します…。

 

 

「ああ!のんのん!ケーキのローソクの火がね。いや似てるけどーーー!!」

 

一呼吸置き、皆が意味が分かると一転爆笑の渦。子どもの発想って面白いです…。(笑)

でもそれだけ、子どもにとって、ローソクの火って特別なものなのかもしれません。とにもかくにも、忘れられない誕生日になったのでした。


作者:綾乃かずえさん
綾乃かずえさんの作品をもっと読む
⇒単行本「年の差夫婦はじめました。」発売中!
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
【難関】ネットでこども服を買うときのしくじり…(涙) by 綾乃かずえ



 - 2歳児, しくじり育児, 会話


  関連記事

 - 2歳児, しくじり育児, 会話