小学3年生という時期【ゲームのトラブル⑨ 最終回】 by あぽり


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - しくじり育児, トラブル, 小学生 ,

   

ゲームのトラブル①
ゲームのトラブル②
ゲームのトラブル③
ゲームのトラブル④
ゲームのトラブル⑤
ゲームのトラブル⑥
ゲームのトラブル⑦
ゲームのトラブル⑧

の続きです。

前回、さらなる問題が起きて、
それに対しては完全に解決する事は
出来なかったという事を書きました。

今回は、対策とまとめを書きたいと思います。
ちょっと長めになります。

盗むやつが悪いんですけど、
盗まれない為の対策が必要です。

【対策】

◆持ち物には名前を書く

ゲームソフト、小さいですが、
あの小さい範囲でも、油性ペンで名前を
書く事をお勧めします。
名前が書いてあるやつはほぼ盗まれません。
(ソフトの盗難はとても多いのです)

ゲーム本体でも、鉛筆でも、消しゴムでも
何でも、全部名前を書く。
出来れば、剥がせてしまうようなシールではなく、
消せない物で。

当たり前のように思えるでしょうが、
書いてない子が多いです。

◆ゲーム機はその辺に置かない

ポシェットかウエストポーチのような
ゲームだけが入るような入れ物を
作るか買うかして、
それに入れて肌身離さず持ち歩くようにさせる。
公園に持ち出して、おにごっこの時に邪魔だから
ベンチに置いておく、自転車のカゴに入れて置く、
なんて事をやると、
通りすがりの中高生の子が盗んでいく場合もありますので
気を付けて下さい!
身体から離さないのが一番です。

一番は、持って行かないのが一番ですけどね(笑)

 

 

小学3年生…

どうしてこの時期に、問題行動を起こす子が
多くなるのか。

良く考えると、当たり前の事なのかもしれません。

 

赤ちゃんの頃から、母親は
子供と密着した生活を送ります。

時には全部放棄したくなるほど
母親自体が疲弊してしまう事も多いです。
だけど赤ちゃんのお世話は待った無し。
自分の時間なんてほとんど取る事が出来ません。

幼稚園(保育園)に入ると、
束の間の自由時間を手に入れる事が出来ます。


久しぶりに味わう一人の時間。
母親達は歓喜します(笑)

だけど、その時間は束の間で
まだまだ手が掛かる。

そして小学校に入学。
1年生のうちは、幼稚園よりも手が掛かるのではと思うほどです。
朝も帰りも送迎が必要だったり、
友達と遊ぶ約束をすれば、その送迎に行ったり、
学校に行きたくないと言い出したり、
宿題のお手伝いをしたり、
PTA活動も盛んになり、
まだまだ奮闘は続きます。

そして3年生の頃。
やっと手が掛からなくなります。

手は掛かるのですが、学校に1人で行くようになり、
友達の家にも勝手に遊びに行くようになり、
鍵を持たせれば、1人で留守番も出来ます。
家庭にもよりますが、
お風呂も寝るのも1人で出来るようになるので
何でも一人でさせ始めます。

そうなると、自由を手に入れた母親達は
子供をあまり構わなくなります。

もう抱っこもしないし、
子供と遊んであげる事もしないし、
弟や妹が産まれている所は、
みんなそちらに夢中になっている事でしょう。

 

 

でも、10歳前後の子供達は
まだ心は育っていません。
そんな時に、母親が自分に興味をなくしていたら。
もちろん、なくしてなんていないのですが、
子供の目から見たらそう見えてしまう。

昔ブログにも書いたのですが、
こんな言葉があります。

「赤ちゃんの頃は、肌を離してはいけない。

幼児の頃は、手を離してはいけない。

少年の頃は、目を離してはいけない。

思春期の頃は、心を離してはいけない。」

小学3年生というと、
まだ、目も離してはいけないし、
心も離してはいけない時期。

お母さん達は、
今まで子育て頑張ったのだから、
手が離れてきた頃は、
自分の時間を大いに謳歌して、
楽しんで、
毎日笑って欲しいと思います。

だけど、子供の事は見てあげて欲しいと思います。

「お母さんは、見ていないようで、
あなたを見ているわよ」
という姿勢で、
向き合っていけるといいですね。

そして、大変な時期の子育て真っ最中の人へ、
少しだけ安心させられる材料があるとすれば、
今は息子も二十歳になっているのですが、

幼稚園、小学校、中学校と
色々な事があり、たくさんの問題も発生し、
それは、自分の子が「悪い事をする」方も
経験する事でしょう。

でも、あの頃やんちゃだったあの子も、
問題ばかり起こしていたあの子も、
性格がちょい悪かったあの子も、
意地悪ばかりしていたあの子も、
いつも泣いてばかりだったあの子も、

みんな今、立派な大人になってます♪
それこそ、何の問題もなく♪

いつの間にか常識を知り、モラルが出来上がり、
それなりに、良い大人になっていくんだと
思います。

なので、親子で失敗しながら、
目の前の事を一生懸命やってみて下さい!

10年後、20年後には、
逆に、子供から
「かーさん、それやっちゃダメでしょ!」と
親が叱られる立場になっているかもしれません(笑)

⇒作者:あぽりさん
あぽりさんの記事一覧を見る
しくじり育児エピソード大募集!

c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
役員制度廃止?!楽しかった幼稚園役員が2人目の時はなくなり、その結果…【私の役員生活⑤】 by あぽり
◆前の記事:
◆次の記事:

 - しくじり育児, トラブル, 小学生 ,

本日の人気記事



 - しくじり育児, トラブル, 小学生 ,



  関連記事

孫の○○○を見たじぃじが救急車要請?!【孫を溺愛するじぃじとの攻防⑥】by 白目向き子

【オムツ換えのお話・・・。】   生まれてすぐの頃はぎこちなかったオム ...

赤ちゃんのためにせっかくスタイを手作りしたが、ホックが止まらない!0歳児育児の思い出

ゆずぽんさんの0歳児育児の思い出は、手作りのスタイ。 よだれ対策にスタイを手作り ...

風邪は保育園の洗礼?!先輩ママの言葉は大げさではなかった! by やまぎし みゆき

はじめまして。やまぎし みゆきと申します。 4月から保育園の1歳クラスに入園した ...

【悲報】私の足にひげ!?が生えてるって言いふらす甥っ子

「誰にも言っちゃだめだよ」 って言い聞かせたのに・・・ ⇒「松本ぷりっつ子育てバ ...

結婚式でダイエット成功!その後壮大なリバウンドの結果…【めいの大失敗!体重管理-その①-】 by めい

はじめまして。 2歳半になる息子を育てるワーママ、めいです。 今回の連載では、妊 ...

 - しくじり育児, トラブル, 小学生 ,