自宅到着後、まさかのラスボス登場?!【おうちに帰るまでが里帰り〜しくじり子連れフライト〜④】 by harumama

ページ: 1 2

   

こんにちは!

関西人の夫と二人で1歳になる息子はる君を育てています、harumamaと申します!

 

今回は産後2週間でしくじった私の育児エピソード、しくじり子連れフライトについて描いています。

前回の続きです。

 

【さっそくのピンチ状態】

離陸する時の爆音が気に障ったのか何なのか、早速泣き始めたはる君。

飛行機が上昇する時と降下する時って、気圧の変化で耳が詰まったりしますよね。赤ちゃんや子どもは耳管が細いので 、大人よりも耳が痛くなり易いです。

耳痛を防ぐためには、上昇降下の時に授乳が効果的なのですが、なんせ頼れる人がいないワンオペ子連れフライト。わたしがどう解決したかと言うと…

抱っこ紐のまま授乳しました!

種類によっては抱いたまま授乳は難しいかもしれませんが、私の抱っこ紐はいけました。推奨された使用方法じゃないとは思いますが、背に腹は変えられない。

 

【次々と訪れる難関に立ち向かう】

なんとか授乳出来てホッと一息、ああようやく窓の外の景色を眺める余裕が…と思ったのもつかの間。

抱っこ紐の奥底から地響きのような振動を感じました。

うん、これは間違いない。あれだ。飲んだらすぐにスッキリしたパターン!

幸いにもこのタイミングでは、まだドリンクサービスのカートが来ていませんでした。

ドリンク配布が終わると一斉に化粧室が混み出すので、ここはラッシュの波を避けてオムツ替えしたいところ。事前座席指定では化粧室に近い席を確保しておけたら尚良し!!!

次に訪れた試練も、なんとかクリア。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 0歳児, しくじり育児, ママ, 出産, 子連れお出かけ, 産後 , ,




 - 0歳児, しくじり育児, ママ, 出産, 子連れお出かけ, 産後 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。