Bさんの暴走はさらに加速…「私理解あるんだから!」【勘違いママBさんとの奮闘記⑯】 by 白目みさえ

ページ: 1 2

   

こんにちは白目みさえです。

◆前回のお話

Bさんのトンデモ理論についにブチギレ!【勘違いママBさんとの奮闘記⑮】

 

前回訳のわからない独自理論で武田を刺激し、見事ブチ切れさせたあとのBさんの更なる暴走劇をご覧ください。

 

【ブチ切れた武田に対してBさんは…】

 

あ、全然響いてなかった。

「なに怒ってるん?」ってあーた。

おたくが怒らせたに決まってますやんか。

え?おった?ここにずっとおった?

実は私が気づいてなかっただけで途中でトイレとか行ったんかな。

ほんで誰か別の第三者が武田を怒らせたんかな。

今までの流れわかってて、よくぞまあこんな能天気なこと言えますな。

もしかして煽っていらっしゃるんでしょうか。

だとしたら大成功でございます。

横で聞いてるだけでもめっちゃイラッとした。

なんで「怒る武田が悪い」みたいな空気になってるんでしょうか。

 

◆武田は大人でした

 

はいドドーン!

やっと伝えられたこの事実。

何回か「勘違いしてまっせ」と伝えようと試みてはいたのですが、Bさん全然聞いてくれへんねんもん。

そうなんです。

こちらのウルトラプリティなコスプレ写真。

これは武田のコスプレでございました。

いや、私もびっくりしたんですけど。

ホンマに可愛かったです。

たしかに顔の作りはイケメンですけれど。

コスプレした武田はどこからどう見ても「ただの美少女」。

後に武田嫁に「肩幅と身長どこいったん⁉︎」と聞くと「企業秘密♪」と言われました。

武田嫁はとても妖艶でございました。(不要な情報)

 

 

わかるでBさん。

出会って初めてBさんに共感できたかもしれん。

びっくりするよな。

え?これ…え?

ってなるよな。めっちゃわかる。

それほどに武田の変身っぷりはすごかったわけで。

 

さて。誤解は解けました。

今までBさんは「武田」を狙っていて

オタクに対して理解あるフリをしながら「武田嫁」をディスり

「私の方がいい女ですよ」と、伝えようとしていたわけです。

「こんな女より私の方がいいんんじゃない?」

「私はいつでもウェルカムよ?」

「私の胸に飛び込んでいらっしゃい!」

と伝えようとしていたわけです。

(ここまで思ってたかどうかは知らんけど)

 

でもさすがにここまで来たらね。

もう挽回のしようがありませんやんか。

なんせ武田嫁をディスりたいがばかりに、結果として意中の武田をディスってしまったわけですから…。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローして白目みさえさんの最新記事をチェック!

 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友 ,




 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。