小5娘のお腹にできていた握りこぶし大のもの【腹痛から緊急手術となった出来事⑪】 by きたぷりん

ページ: 1 2

   

娘が小学5年生の時、腹痛から緊急手術となった出来事を

書いています。

↓これまでの話はこちらからどうぞ

腹痛から緊急手術となった出来事

             

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先生に娘の状態をよくわかってもらうよう

そしてちゃんと検査をしてもらうために

手紙を書いた次の日は月曜日で

腹痛が始まって8日目、入院して6日目でした。

 

 

この日は旦那が仕事を休んで娘の付き添いをしてくれます。

とにかく早く行って欲しくて朝から念を押し、私は仕事へ。

月曜日なので駐車場は混んでるかもしれないなと思いながら

携帯を職場の机に伏せて連絡を待っていると

10時過ぎくらいだったか11時は過ぎていたか、旦那から通知が来ました。

 

 

旦那はあまりまめにラインなど送るタイプではないんですが

しつこいくらいに手紙のことを言ったので

きっとその返答を早く伝えてくれようとしている…

きっとそのことだ…!と思い

携帯を開けて見た旦那からのメッセージは…

 

あまりに予想外のことで

すぐに理解ができませんでした。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてきたぷりんさんの最新記事をチェック!

 - 女の子, 子育て, 小学生, 病気・トラブル ,




 - 女の子, 子育て, 小学生, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。