担任の先生が代わり…(後編)明らかになった『先生の胸の内』【泣いて笑って発達障害~療育を知らない世代の私たち~⑱】 by ワンタケ

ページ: 1 2

   

 

こんにちは。ワンタケと申します。蟹と魚卵とラーメンをこよなく愛している39歳です。虫除けにと庭に植えたはずのミントを虫に食われまくっている夫と、勢いさえ付ければ何でも笑ってくれるかわいいムスコと共に、ひっそりと、時に激しく暮らしております。

この連載では、4歳のムスコの発達障害と療育について書いています。療育っ子を育てる心の葛藤などについて書いております。

一括りに発達障害と言っても、様々な異なる傾向と度合いに分かれると思いますので「ほぉ…こういう感じで療育を利用している家族が、すぐ近くにいたりするんだな~」と軽めの感じでお読みいただけたら幸いです。

 

◆今までのお話

【泣いて笑って発達障害~療育を知らない世代の私たち~】

 

今回は「担任の先生が代わり…(後編)」です。療育先の指導員さんによる保育園訪問の結果のお話です。そのお陰で明らかになった担任の先生の胸の内などがメインです。 それではどうぞ!


※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてワンタケさんの最新記事をチェック!

 - ママ, 子育て, 教育, 男の子, 療育, 発達障害, 4歳児~ ,




 - ママ, 子育て, 教育, 男の子, 療育, 発達障害, 4歳児~ ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。