突然の電話で告げられた信じがたい言葉【みなみちゃんへ、愛を込めて⑥】 by おかゆ

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【みなみちゃんへ、愛を込めて】

 

みなみちゃんが高校を自主退学し、それから疎遠になってしまった私たちでしたが、2年ぶりに再会し、一緒に成人式に出席することができました。

その後私のパニック障害が悪化したこともあり、メールのやりとりはたまにしていたものの、遊んだりすることはありませんでした。

しかしその年の末に、みなみちゃんから着信があったのです。

 

【受話器の向こう側にいたのは】

 

元気よく「久しぶりー!どうしたの!?」と電話に出た私。

 

ですが、電話の相手は…

 

 

えっ…

みなみちゃんじゃない…。

でも聞き覚えのあるこの声は…

 

 

みなみちゃんのお母さんだ!

でも何でみなみちゃんの携帯電話から???

 

 

 

するとみなみちゃんのお母さんの口から、にわかには信じがたい言葉が飛び出すのです。

 

「みなみがね…、」

 

 

 

みなみちゃんのお母さん、涙声でお通夜の日にちとか、説明してくれたのに…

全然覚えてなくて…

ただ、死因は脳出血だった、ということだけ、頭に残っていました。

 

何が何だか分からなくて、信じられなくて、夢かな?なんてふわふわした気持ちで、理解しようとすればするほど頭の中がぐちゃぐちゃで…

 

 

お通夜の日にちは、母が私の幼馴染みのお母さんから改めて聞いてくれました。

 

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしておかゆさんの最新記事をチェック!

 - 友達, 女の子 ,




 - 友達, 女の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。