半年薬を塗り続けても、肌の赤みが消えることはなく…【肌の弱い息子②】 by pinky


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 1歳児, 病気・トラブル

   

肌の弱い息子①の続きです。

 

病院で処方してもらったお薬はよく効きました。

何日か塗ると、息子の肌はきれいになりました。

 

しかし、しばらくすると他の場所が赤くなるのです。

きれいになった部分も薬を塗らなければ再び赤くなりました。

 

通院する度に医師に肌の状態を見てもらいましたが

同じ薬を処方されて様子を見るだけでした。

 

薬は肌を治すものではなく、

症状を抑えるものだということを痛感しました。

 


【治ると信じて…】

 

それでも、いずれ治るはず。

何年後になるかは分からないけれど、

だんだん薬を塗らなくてもきれいな肌になるだろう・・・

そう思って薬を塗り続けました。

 

息子はすくすくと育ち、1歳を過ぎました。

 

この頃、入院後から続いていた定期通院も終わったので

肌の薬は他の病院で処方してもらうことになりました。

 

私は他の病院で見てもらえば

息子の肌はもっと良くなるのではないか・・・と思っていた部分もありました。

 

しかし、このことがきっかけで、私はこれまで以上に

息子の肌に悩まされることになるのでした。

 

 

続きます。

 

作者:pinkyさん
⇒pinkyさんの記事一覧を見る

関連記事
1歳児の息子の姿に『男』を見た瞬間!「ビギナー母さん右WOW左WOW!」第2話③ by 寿 ニンカシ
◆前の記事:
◆次の記事:

 - 1歳児, 病気・トラブル





 - 1歳児, 病気・トラブル



  関連記事

いざ自分ががんになると・・・【32歳で初期乳がん 全然受け入れてません 3話‐⑥】by 水谷緑

水谷緑先生「32歳で初期乳がん 全然受け入れてません」絶賛掲載中! ⇒「32歳で ...

娘が覚えた「楽しい歯磨きの時間」【初めての歯磨き④】 by 吉木ゆん

こんにちは。 吉木ゆんです。 今回も前回の続きのお話です。 ◆前回のお話はこちら ...

謎の副作用「ケモブレイン」とは? by 柏原昇店

【「ケモブレイン」ってご存知ですか?】 「ちびといつまでも」のBlogでは何度か ...

帽子VS息子!? 無駄になった母の意地 by ユキミ

こんにちは、ユキミです。 2歳の息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんです ...

【経産婦の百物語】妊娠中のそれはそれは恐ろしいお話・・・

経産婦百物語・・・ 「妊娠中のある晩、突然親知らずが痛み出してさ。お腹に赤ちゃん ...

 - 1歳児, 病気・トラブル