夫婦は”そんなもんさ”で作られていく。34年目の実感【同居して得たこと感じたこと⑧】 by 山田あしゅら

 - 夫婦ケンカ, 子育て, 旦那 , ,

   

 

夫と私が結婚したのは

今から34年前。

 

 

前にも書きましたが→

子どもが生まれてしばらくは

我が家の中であまり存在感がなかった

夫 としおサン。

 

と、言うか

同居が始まると同時くらいに

朝早く出勤すると帰宅は深夜。休日出勤も当たり前で

月によっては1ケ月丸々家に帰って来ないという

あり得ない勤務になったのです。

 

同じくサラリーマンだった私の父親も似たようなものでしたから

「こんなもんか」と驚きはしませんでしたが

 

次第に

「仕事を言い訳にしてるんじゃね?」ってのが

透けて見えることも多くなってきて

 

「一体この人は何で結婚したんだ?」

と思うこともしばしばでした。

 

こちらもこちらで

子育ての上に同居のストレスもどんどん溜まっているもんだから

 

顔を合わせば一触即発。

 

お互いが抱えるジレンマに

どんどん家の中の居心地が悪くなるのも

分からんじゃないですけどね。

 

 

親との同居も

結婚する前から

なんて言ってたけど

『面倒をみる』ということがどういうことなのか

もちろんその頃は全く分かっちゃいません。

 

将来のビジョンがあっての決意でなかったことを

30年後に嫌というほど思い知ることになるのであります(笑)

 

夫のことばっかり書いてますけど

この結婚を選んだのは自分。

 

甘いビジョンはお互いさま。

 

 

 

◆今までのお話

同居をして得たこと感じたことシリーズ

男子育児は大変か?シリーズ

子育てと自転車シリーズ

山田あしゅらさんの記事をもっと読みたい方はこちら

作者:山田あしゅらさん

ブログ 13番さんのあな-介護家庭の日常-


しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
夫の実家で義両親と同居&子育て中の私がしくじったと思うこと by ワンタケ



 - 夫婦ケンカ, 子育て, 旦那 , ,


  関連記事

 - 夫婦ケンカ, 子育て, 旦那 , ,