夫の入院・義母の結核感染。トラブル続きの私にかけられた言葉は…【めおと34年も続けると㉓】 by 山田あしゅら

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【めおと34年も続けると】記事一覧

 

新型コロナウイルスの流行により『感染症』や『伝染病』は

多くの人にとってすっかり『身近なもの』となりましたが

おそらくそれ以前は

ほとんどの人にとって『未知なもの』だったと思います。

 

義母の結核発症は

まだコロナの名前すら知らなかった3年前。

 

 

たまたまその直前に受けていた

介護職員初任者研修でも結核について習ってはいましたが

 

 

聞くことと、実際に直面することは全くの別物です。

未知の存在である結核にどう対処すればいいのか分からないまま

事はどんどん深刻になっていきます。

 

結核の疑いがあると告げられてから

 

 

『陽性』『排菌』確定となるまで3日ほど

 

 

それから2日後には隔離病棟のある病院へ転院と

5日の間にあれよあれよと進む展開に

私はパニックになるスキすら与えられず、作業に追い立てられていきました。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローして山田あしゅらさんの最新記事をチェック!

 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,




 - じいじばあば, 介護, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。