はじめての抗不安薬!思考を強制終了されて初めて気づいた、大切なこと。【アホ夫婦が産後うつ・産後クライシスから回復するまで㉕】 by たんこ

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【アホ夫婦が産後うつ・産後クライシスから回復するまで】記事一覧

 

 

夫の協力により、抗不安薬を飲む決心がついた私。

しかし、仕事や子どもたちの学校がひと段落し、一日中つぶれていても夫が何とかしてくれる安心感があるのは土日だけ。

つまりその前日…金曜の夜に、そのチャンスはやってきました。

 

夕飯と子どもたちの入浴を終え、夫に一言。

「飲みます。ヨロシク」

 

 

ドキドキしながら、薬を服用。

すると…

少し時間が経ち、布団に入った頃に異変が起こります。

 

頭がお酒に酔ったように、ホワ~っとしてくるではないですか。

お酒を飲んでいないのに、こんな状態…とても不思議な感覚でした。

 

 

“一体なにが起こっているんだろう…”

“これからどうなるんだろう…”

 

そんな不安に襲われながらも、寝る前お決まりの反省会タイムが始まります。

今日あったこと、失敗、反省点…いろいろと思い返しては、ぐるぐると考え込んでしまう癖があるのですが…

 

 

あ、あれ…?
考えられない…?

まるで脳みそにぼかしが入ったように、
思考がセーブされていくというか、
電池が切れていくような…

 

あれ…

あれ…?

 

 

気がついたら、私は朝まで眠っていました。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてたんこさんの最新記事をチェック!

 - しくじり育児, ママ, 子育て ,




 - しくじり育児, ママ, 子育て ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。