いじめの加害者たちが私に謝罪を要求!言葉が出てこず絶体絶命の時に現れたのは…【悪意と無関心に囲まれた日々⑮】 by ちくまサラ

固定ページ: 1 2

   

ちくまサラと申します。

普段は育児中心にブログインスタを運営しています。

今までのお話

    

    

   

 

振り向くと、さっきのE島さんと、A本さん、B崎さんが居ました。

A本さんとB崎さんは、下駄箱から私とナミちゃんの手紙を盗み見したメンバーで、普段から私の悪口を言ってる(らしい)2人です。

 

 

先ほどと打って変わって余裕の表情のE島さん。

そして、その隣のA本さんは、驚きの言葉を口にしました。

 

 

なんと、私に謝罪しろと言うのです。

 

 

私は、敵意を持っている3人を前にして、自分の言いたいことをバシっと言えるような強い人間ではありませんでした。

もう怖くて声も震えちゃうし、涙も出てきそうです。

 

 

言いたいことはたくさんあった。

言い返したかった。

 

でも、これ以上喋ったら涙が落ちてしまう。

私が泣いてる所なんて、絶対に見せたくない。

負けたくない。負けたくないのに…

 

 

そう思っていた時でした。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

固定ページ: 1 2

フォローしてちくまサラさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 中学生, 女の子 , ,




 - トラブル, 中学生, 女の子 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/