普通の工事よりひどくない?まだあったイヤになる理由【隣接する家に困っています④】by 林山キネマ

ページ: 1 2

<広告>

   

こんにちは!林山キネマです。

新しいシリーズ【隣接する家に困ってます】は『トラブル』というほどでも無いのかも知れないけど、

近隣のある家の行為に長年地味に困っています。このシリーズではそのことについて書いています。

、の続きです。

 

◆今までのお話はこちらから

【隣接する家に困っています】シリーズ一覧

 

前回はA家のちょっと普通ではない改築や改装の様子。

 

初めのうちは「新築した家にミスがあったり不都合があって直したいのかな?」と思い我慢していました。

しかし

 

やっと終わったかな?と思って、それから

 

挨拶があったときから、「3年近く家を建て続けていた」みたいな雰囲気になっていたと思います。

 

なんと、その2年後には、また工事の音が!

以前の話でも書いたように、家の人がちょっと日曜大工の感覚でやっているのでなく、電気工具や職人が複数人出入りする規模で、しかも何日も続きます。

 

初めのうちは好意的だった私も、この頃には印象が悪くなり、工事が始まるたびに少しずつイライラするようになってきました。

 

もちろんいつまで続くか分かりません。

そして、ただ「ちょっと平日にうるさい」だけでは無く、特に印象が悪くなった理由は…

 

<広告>

▼次ページに続きます▼

ページ:
1 2

フォローして林山キネマさんの最新記事をチェック!

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。
<広告>

「林山キネマさんの記事をもっと読む」

 - 住まい, 失敗 ,



 - 住まい, 失敗 ,


  関連記事