産後、出来ることなら行きたくなかった場所【第一子帝王切開出産物語。⑫】 by よいこ

 - しくじり育児, 出産 , ,

   

こんにちは!

小1長男あー(自閉症スペクトラムあり)と

2歳次男いー(絶賛いやいや期)を

絶賛育児中のよいこと申します!(常にヘトヘト!)

今回は長男妊娠中のお話です。

長男は逆子ちゃんだったため、36週で予定帝王切開が決まりました。

すったもんだの末、出産したはいいものの、

術後初めて迎えた夜は想像を絶するもので、

のたうち回り、ほぼ一睡もできないまま朝を迎えました…

 

【ついに…】

 

とうとうこの時が来てしまった…。

尿意を感じる時が。

術前術後、しばらく絶飲食だったし、手術を挟んでそれどころじゃなかったのもあったんですが、尿管外されしばらくして…

やはりいかんともしがたい。

 

行かねばなるまい。

 

というわけで、いざトイレへ出陣の時が…。

想像を絶する、壮絶な旅路でした。

 

【何がつらいかというと】

 

まず、腹筋がバカになってて、寝返り打てない人が起き上がるだけで壮絶。

途中までは自動昇降ベッドで起き上がっているにもかかわらず、

ベッドに坐り直す、それだけで悶&絶!

そこから、点滴スタンドに全体重をお任せしつつ

一歩一歩、足を交互に出す。

出してるけど、全すり足ですよ。

足をわずかにあげることすら、筋肉低下のせいなのか、振動がキズに響くのかわからないけどなんかできなくて。

 

そのすり足の間も痛くて痛くてたまらんから、

魔女くらい腰曲げて、地の底から響く、デスボイスで呻きながらの前進。

傍目から見たら地獄だよね。

歩いてる方は地獄そのものですからね。

言うても、ベッドからトイレまでの道のりって、

そう遠くないんですよ。

個室なんで、むしろ近過ぎるくらい。

でも何千里って感じでした。

トイレ求めて3000里。

ベタですみません。

でもそんくらい果てしなく感じた…。

 

トイレに入ったら入ったで、座るも地獄、

動けぬ体で大量の悪露の処理も地獄、

流すも地獄、帰るも地獄…。

 

あ、思い出したくないかも…。涙

 

 

そしてこんな満身創痍な地獄からの帰還者のところに、

とうとう赤ちゃんがやって来るのです。

正直、ボロボロすぎて赤ちゃんのこととか全く頭になかったんだけど…!

 

つづく

 

 

◆今までのお話はこちらから

作者:よいこさん
よいこさんのインスタグラム
よいこさんの作品をもっと読む
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 

関連記事
酸素マスクに導尿カテーテル、そして腰椎麻酔。初めての出産がこんな事になるなんて…!【長男の出産④】 by ふぇりーちぇ



 - しくじり育児, 出産 , ,


  関連記事

 - しくじり育児, 出産 , ,