義父は一緒に暮らすには合わせづらい人間~我が家のオトコども~【我が家の同居話⑧】 by 山田あしゅら

   

【義父について】

 

ここまで義母のことばかり書いてきましたが

 

前回チラリと登場した義父の方はどうかと言うと

こんな感じ。

 

私が嫁いで来た当時は地元中堅企業の管理職を勤めていた義父。

まだまだバリバリの現役でした。

 

特に繁忙期は帰りも遅く、それほど顔を合わすこともなかったので

あまり分からなかったのですが

 

1年2年と経つうちに人となりがだんだん垣間見えてきました。

 

  • 家長意識が強く
  • 家の中では自分が何でも1番。

 

ま、それはともかくとして

 

一つ屋根の下

一緒に暮らすには少々合わせづらい相手であることは確かでした。

 

もちろん

私自身もぜーんぜん完璧な人間ではありませんから

義父母側からすれば言いたいことは

山ほどあったと思います。

 

お互いにそれらを折りたたみながら

一触即発ギリギリのところで

同居生活は繰り広げられていったのでありました。

 

 


 

 

 

【もう1人・・・】

 

・・・が

 

ここで一人忘れちゃいませんか?って話ですよ。

 

 

はいな。

夫です。

 

つづく

 

 

◆前回の記事はこちらから

31年続いた我が家の同居話①

電話が鳴ると動悸が…!1日何度もかかってくる義母からの電話攻勢【我が家の同居話②】

第1子懐妊に舞い上がる義母。妊婦検診にまで押しかけて?!【我が家の同居話③】

妊婦検診で思わぬ事態が発覚!義母が有無を言わさずに…?!【我が家の同居話④】

妊娠中に卵巣嚢腫手術!その後も次々にトラブルが?!【我が家の同居話⑤】

帝王切開手術前日から義母が病室にお泊り!?【我が家の同居話⑥】

義母に里帰り出産したいと言えなくて… 【我が家の同居話⑦】

 

⇒作者:山田あしゅらさん
山田あしゅらさんの記事をもっと読む

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - じいじばあば , ,




 - じいじばあば , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。