受け入れられずにいた友達の死。立ち直るきっかけは…【みなみちゃんへ、愛を込めて⑧~最終話~】 by おかゆ

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【みなみちゃんへ、愛を込めて】

 

今回で、大好きな友達みなみちゃんの話は最終回となります。

最終回もタイトル通り、愛を込めて書いていこうと思います。

それではよろしくお願いします。

 

【みなみちゃんの死を乗り越えて】

 

みなみちゃんの死を受け入れ、乗り越えるまではかなりの時間を必要としましたが、徐々にいつも通りの生活に戻っていきました。

 

でも今でも毎日みなみちゃんのことは思い出しますし、しょっちゅう夢にも出てきます。

 

 

夢の中では私もみなみちゃんも学生の時のままです。

現実では私の方がもう16歳も年上になってしまいましたが…。

 

みなみちゃんのお墓には、鉛筆とノートが置いてあって、みなみちゃんに会いにきた人が誰でもノートに書き込めるようになっています。

そのノートの中はみなみちゃんを囲むプチ同窓会のようで、これならみなみちゃんも寂しくないだろうななんて思います。

 

私はその2年後に妊娠、出産をし、娘を連れてお墓参りに行きました。

そしてみなみちゃんに娘の夏(ナツ)だよ、と報告しました。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2

フォローしておかゆさんの最新記事をチェック!

 - 友達, 女の子 ,




 - 友達, 女の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。