下の子を抱っこしながら母は全速力!トラックの前に飛び出した息子は…【我が家の自閉症長男、危機一髪。③】 by よいこ

 - しくじり育児, 幼児, 幼稚園, 男の子, 症状, 発達障害, 自閉症 ,

   

我が家の長男「あー」は自閉症スペクトラムです。

幼年期は親が「育てづらい」と感じ、

大人になったら本人が「生きづらい」と感じることの多い発達障害。

 

そんな自閉症スペクトラムに多い、「視覚優位」という特性があるのですが、これに

あーはドンピシャで当てはまったのでした。

 

視覚優位とは、その名の通り

聴覚(耳からの情報を処理する能力)よりも

視覚(目からの情報を処理する能力)の方が優れているという特性のこと。

 

目から情報を入れられる状態ならばいいのですが、

例えば、お友達と夢中になって路上で走り出してしまったら。

そのまま赤信号の交差点に飛び出してしまったら。

 

目からの指示を知らせるどころか、

力づくで止めることすらできないわけで…。

 

◆前回のお話はこちら

息子が道路で突然走り出し…?!【我が家の自閉症長男、危機一髪。②】

 

完全に死にかけた。

いや、人生で初めて、死んだと思いました。

運動神経鈍すぎマックスのわたしでも、

火事場の馬鹿力で、赤ちゃん抱っこしててもダッシュできることだけはわかった!!!!

 

本当だったらあーを向こう側に押して、トラックから避けさせる方が良かったんだろうけど、

咄嗟のことに冷静に考えられなくて、さらにはやっぱり運動神経が悪くて不器用な性質が災いしたのか、自分側に引き寄せてしまいました。

結果抱っこ紐の赤ちゃんにあーが乗る形になってしまったし、トラックは目の前まで迫っていました。

トラックが止まってくださって、赤ちゃんも怪我せず、窒息もせず。

幸運が重なり、みんな無事でした。結果論だけど本当に本当に良かった…。

(母はしたたか背中をアスファルトに打ちつけましたが、まあなんとかいけました)

 

トラックの運転手の方がとにかく良い方で、

現場が学校、保育園や幼稚園の近隣だったこともあり、

元々気をつけてゆっくり走って下さっていたのも有り難かったし、

こちらの心配までして下さって…。

もう土下座の勢いですよね。

赤ちゃんいなかったら地面におでこ擦り付けてましたよね…。

 

そして当のあーはというと…。

次回、母当然!キレます!!!!

 


◆今までのお話はこちらから

~我が家の自閉症長男あーくん、危機一髪。~

★第1話 聴覚に問題が…?息子が呼んでも反応しなかった理由

★第2話 息子が道路で突然走り出し…?!

 

【第二子帝王切開出産物語。】

★第1話 第二子妊娠!私が心に決めていたこと

★第2話 2人目で産後里帰りをしなかった4つの理由。1人目の時に旦那が?!

★第3話 妊娠中に脳貧血で失神!元気な妊婦は元気な人じゃないと大声で言いたい!

★第4話 4歳差で第2子妊娠!切迫気味でも走り回る上の子を追いかけて…

★第5話 入院はしたくない!けれど張り続けるお腹に…

★第6話 夜中に突然の激痛!妊娠中のマイナートラブル

★第7話  なかなか言えなかった上の子への妊娠報告

★第8話 母のカミングアウトに自閉症の息子は塩対応?!

★第9話 気持ちの変化の表れ?!上の子がよく描くようになった絵

★第10話 近所の病院で驚きの事実を知ることに!

★第11話 夜間の出血!上の子がいるから病院に行くか迷った結果…

★第12話 爆弾3歳児を連れての夜間救急はヒヤヒヤで…

★第13話 妊娠後期、突然の出血原因は…放置していた『アレ』のせいだった!

★第14話 病院で人目もはばからず家族そろって大号泣!そのワケは?!

★第15話 2回目の帝王切開は時間が長くて…ついに麻酔がきれた!?


作者:よいこさん
よいこさんのインスタグラム
よいこさんの作品をもっと読む
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
自閉症児のパニック!そんな時どう対応したらいいの?



 - しくじり育児, 幼児, 幼稚園, 男の子, 症状, 発達障害, 自閉症 ,


  関連記事

 - しくじり育児, 幼児, 幼稚園, 男の子, 症状, 発達障害, 自閉症 ,