いじめが終わった後、母から告げられた驚愕の事実…【悪意と無関心に囲まれた日々⑱】 by ちくまサラ

ページ: 1 2

   

ちくまサラと申します。

普段は育児中心にブログインスタを運営しています。

今までのお話

    

    

    

 

 

私へのいじめがなくなってしばらくして、私の雰囲気が以前と違ったことを感じ取ったのでしょうか。

母が私を呼び止めました。

 

 

珍しく私の表情を伺うような感じで、

もういじめられてないの?と聞いてきました。

 

あー、それが聞きたかったのか…。

 

 

私が答えると、母は安堵したように息を吐きました。

そして、意外な言葉を口にしたのです。

 

 

私のいじめ問題で、「胃が痛くなるほど悩んだ」と。

 

 

私は驚きました。

だって、常に私を監視して怒ってばかりだった母が、まさか心配していたなんて思ってもいなかったからです。

私を叱っている時の、鬼のような母の顔は、とても心配しているようには見えませんでした。

 

そして母は、さらに驚くべきことを口にしました。

 

 

私がいじめられている時に、たまたま開催された保護者懇談会。

懇談会がきっかけで私のいじめが母にバレるなら…、と、先手を打っていじめを告白したものの、母を怒らせただけで結局何も起こらなかった懇談会。(7話9話参照)

 

その懇談会で、母は私のいじめの話をしていたのでした。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてちくまサラさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 中学生, 女の子




 - トラブル, 中学生, 女の子


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/