断ち切ろう、負の連鎖!いじめをする子供の背景【小学生のいじめ⑫】 by 林山キネマ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - トラブル, ママ, ママ友, 友達, 女の子, 小学生, 男の子 , ,

   

近所の同級生の子の家に遊びに行ってトラブルを起こした息子。

前回、息子にはどのようにしたいかを聞き、それで私がしたことは…

 

【とりあえず すぐ謝罪の電話】

本当に息子の毛が入っていたのか?違うかもしれないけど、違うという証拠もないのです。

決着をつけるのに一番手っ取り早いのは「形だけでも謝罪」でした。

電話はこちらが一方的に謝罪したら、弁償は必要ないとのことで終わりになりました。

そして電話のあと…息子にはAちゃんと遊ばないことを勧めました。また友達がAちゃんのうちに遊びに行ってもあきらめるようにとも。

親として、遊び相手を選り好みするのは本当はやりたくなかったのですが…この時ばかりは仕方ないと思います。もちろん息子もあんな目に合うのはイヤだ、と納得していました。

帰宅した旦那にそのことを報告、次男にもAちゃんのうちに行かないように言いました。

 

【その後…関わりはなくなり】

うちではAちゃんとその家族のことはほとんど話題にあがらなくなりました。

それでもたまに、Aちゃんはどんな子になるんだろう。Aちゃんの家庭って一体どんな風だったんだろうと、ふと思い出すことがあります。

Aちゃんが息子にしてきたことは決して良いことではありませんでした。ですが、家庭環境を考えるとAちゃんがそういう行動をとるようになったきっかけ、理由が見えてくるような気がするのです。

 

【Aちゃんのうちの環境】

付き合いがなくなったあと、こんなことがあってね…と近所に住んでいる義母に話したことがありました。すると、やはり近所なのでどんな人か知っていたんですね!

酔って怒鳴るお爺さん、自分中心のお婆さん、間借りするように一軒家で一緒に住んでいたAちゃんの父親母親、手間のかかる産まれたばかりの弟、そしてAちゃん。

お爺さんは自分より立場の弱い、同居する家族を怒鳴ることはあったのか?母親やAちゃんは怒鳴られなかったか?家族が怒鳴られたとしたら残りの家族はその時どうしていたのか…。

限られた空間で複数の人が暮らしていくには、お互いが尊重し合えないときっと過ごしにくくなるでしょう。誰かが我を通せば、誰かが我慢をすることになります。

後に、息子が小学校高学年になるころ、Aちゃんのお宅はちょっと増築されました。

その後Aちゃんの様子を息子に聞いたところ、交流を持とうとは思わないけど以前のようなキツさはなくなり普通だと思う、と話してくれました。


【私たち家族ができること、決意】

いじめはをするのはもちろん良くないです。加担するのもダメです。

いじめをするサイドが、いじめ行為を起こすきっかけって何なんでしょう。それをしたくなる原因を育てている何かがあるかもしれません。

子供の間のいじめを親が関わることで解決できればいいですが、いじめ行為をした子供の環境まで改善するとなったら大変難しいことで、他人が簡単にできることではないのです。

いじめられたらやり返せばいいという意見もあります。でも、辛いなら逃げてしまうのも対策の一つです。

逃げると言っても本当に逃げるのではなく、うちの場合は無理に仲良くしようと思わない。相手との関わりを持たないこと、を選択しました。それだけでも充分効果はありました。

 

【もしあの時、夫と一緒にAちゃんのうちに行っていたら…】

息子にしたことを「謝らせたい」という気持ちで乗り込んだら、それなりの対応をしてもらい納得できたかもしれません。

でもその後Aちゃんのお爺さんは「Aちゃんが友達を連れて来るからこんなことになった」と母親やAちゃんを叱る可能性もあります。(あくまで憶測ですが)

そうなると、ますますAちゃんの心に良くないし、私たちはそんなことを望んでいませんでした。

なので今では「もう終わりにしたい」といった息子の希望通りにしてよかったと思うのです。

私はこの、完全な決着をつけずに保留しやり過ごすのが人生にとても重要なのでは?と考えます。

全てのこと、全ての人に善悪を付けてしまう必要はないのではないのでしょうか?

逃げたり、関わらずやり過ごすことは負の連鎖を断ち切るとても大事な行為なのです。

 

私たち家族が経験したことは一つのケースにしかすぎません。もっと大変な思いをした人が山の様にいるでしょう。

出来るだけ多くの方が「いじめ」という負の連鎖を断ち切ることができるといいですね。

 

小学生のいじめのエピソードは今回でひとまず完結です。

 

☆次回は…今回は書ききれなかった「その後の息子の変化と成長」を紹介します。

◆今までのお話はこちらから

~小学生のいじめ~

入学シーズンに思い出す、明るく素直だった息子が…【小学生のいじめ①】

たずねてきた子供にゾワっとして…【小学生のいじめ②】

登校班のトラブル?息子が何をされていたか?【小学生のいじめ③】

相手の親と話をしてみることに【小学生のいじめ④】

ママ同士の関係が変化する前は…【小学生のいじめ⑤】

一度は止まったと思った嫌がらせのあと、ある日…【小学生のいじめ⑥】

ママ友同士のお付き合いで決めたこと【小学生のいじめ⑦】

よその子の「お菓子の請求」を断って大変なことに!【小学生のいじめ⑧】

同級生の家で遊んだのきっかけで大変なことに【小学生のいじめ⑨】

遊びに行った先のおじいさんを怒らせてしまい…【小学生のいじめ⑩】

小学生に教えた「世の中の残念な大人」の存在【小学生のいじめ⑪】

 

~親と子と…いっぱい話し合った登園生活~

もうすぐ通う「幼稚園」について話してみた【親と子と…いっぱい話し合った登園生活①】

今だけでも、一緒に手をつなごう【親と子と…いっぱい話し合った登園生活②】

ささっと体温を測りたい時のオススメ方法【親と子と…いっぱい話し合った登園生活③】

園内でケガをしちゃった!その時に【親と子と…いっぱい話し合った登園生活④】



作者:林山キネマさん
林山キネマさんの記事をもっと読む
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
頼む次男(5歳)!幼稚園でゴキブリ自慢をするのは止めて!
★林山キネマさんへの応援コメント待ってます!抽選で500円進呈!
★空メールでメルマガ登録!林山キネマさんの最新情報をGET! ◆前の記事:
◆次の記事:

 - トラブル, ママ, ママ友, 友達, 女の子, 小学生, 男の子 , ,





 - トラブル, ママ, ママ友, 友達, 女の子, 小学生, 男の子 , ,



  関連記事

そうじ機をかけると、上も下も”だだもれ”になる娘(2歳)

うちの娘は、新生児期は音が恐いのかそうじ機で大泣きしていました。 1歳頃は、そう ...

娘から嫌われちゃうよ。注意を受けてもやめられないこと by さやけん

かわいいかわいい我が娘。 親バカですが世界一かわいい我が娘。 そんな娘は言葉の発 ...

一体どうして?内緒にしていた妻の妊娠を皆が知っている!?

そもそも俺は合格してから受験していたことを知らせるタイプだった。 漫画家になった ...

ママ友だちの輪―『息子は自閉症。ママのイラスト日記④』

こもたろの発達障害がハッキリする頃、私にはひとつの悩みがありました。 それは、マ ...

ママ友の悪いイメージ撤回!「すごい」と思った出来事 by あざみ

こんにちは 4歳、2歳、0歳の三兄弟のオカンあざみです。   「ママ友 ...

 - トラブル, ママ, ママ友, 友達, 女の子, 小学生, 男の子 , ,