小児科の進化にも驚いた!【産後助っ人ババ実況リポート④】 by 山田あしゅら


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - じいじばあば, 病気・トラブル

   

 

手伝いババ。

孫のきんときを病院へ連れていく機会も増えました。

【最近の小児科は・・・】

 

かかりつけの小児科は

新しい病院で建物もピッカピカ。

 

予約優先制のようで

ネットで予約しておけば

その順番が近くなると

小児科から予約した携帯にメールが届きます。

予約はさくらママが取ってくれるので

連係プレイで

きんときを連れていくという手はずです。

 

お陰でほとんど待ち時間なく診察を受けることが出来ました。

 

 

そして中に入ると

待合室がいくつかの個室になっていて

 

他の患者さんとの接触を極力避ける配慮がなされています。

診察前の問診も看護師さんが各個室を回って行ってくれるのです。

 

 

子どもの病気は突発的なことがほとんどですし

感染性の病気も沢山あります。

 

予約する余裕すらなく

長時間待合室で待たなくてはならないこともあるでしょう。

 

【当時の小児科は・・・】

 

当時はどの小児科も同じようなもので

風邪が流行る季節など待合室は戦場のごとく。

電話で順番を取っていても

1時間2時間待たされることはザラでした。

 

インフルエンザや麻疹や、おたふくかぜなど

明らかに感染症と分かれば他の患者さんに感染しないよう配慮されるものの

通ってた小児科は『隔離部屋』なんてものもなく

待つのは狭いレントゲン室(!)

 

だけど病気って

かかってすぐは正体が何であるか分からないことが多いから

周りにこういった病気の子がいるかいないか

神のみぞ知る。

 

結局

小児科の待合室は病気をシェアするところ?って感じだったんですよね。

もっとも

我が子がうつす側になってた時もあったから

お互いさまですけれど…。

 

そんなことを思い出しながら

小児科の進化に

ちょっぴり驚くババでした。

 

 

 

◆今までの記事はこちらから

嫁だった頃を思い出しつつ、今度はババの立場でサポートを!【産後助っ人ババ実況レポート①】

時代とともに変わった『沐浴の仕方』に驚いた!【産後助っ人ババ実況レポート②】

3週間の息子宅への泊まり込み【産後助っ人ババ実況レポート③】

ドングリに潜む危険

~【我が家の同居話】~

31年続いた我が家の同居話①

電話が鳴ると動悸が…!1日何度もかかってくる義母からの電話攻勢【我が家の同居話②】

第1子懐妊に舞い上がる義母。妊婦検診にまで押しかけて?!【我が家の同居話③】

妊婦検診で思わぬ事態が発覚!義母が有無を言わさずに…?!【我が家の同居話④】

妊娠中に卵巣嚢腫手術!その後も次々にトラブルが?!【我が家の同居話⑤】

帝王切開手術前日から義母が病室にお泊り!?【我が家の同居話⑥】

義母に里帰り出産したいと言えなくて… 【我が家の同居話⑦】

義父は自分が一番!一緒に暮らすには合わせづらい人間で…~我が家のオトコども~【我が家の同居話⑧】

義両親との同居成立のカギを握る人物【我が家の同居話⑨】

 

⇒作者:山田あしゅらさん
山田あしゅらさんの記事をもっと読む

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
【産院からの退院】実母に「母」の座を奪われた?!新米「母」の道は険しい!by けえこ
◆前の記事:
◆次の記事:

 - じいじばあば, 病気・トラブル

本日の人気記事



 - じいじばあば, 病気・トラブル



  関連記事

【ばぁばバッグ】玩具はすぐに飽きてしまうけれど…子供がぐずった時に役立つモノとは?!

子供が小さい頃はカバンの中はオムツやおしりふき、マグやおやつ、タオルなどかさばる ...

診断、そして想像以上に大変な治療の始まり【肛門周囲膿瘍治療記録②】 by あざみ

こんにちは 4歳、2歳、0歳の三兄弟のオカンあざみです。   前回の続 ...

【嫁姑問題】強い心で嫌なことを逆手に!乗り越えてみよう!

旦那の両親と同居なんて全く想定していなかった私が結婚5年目にして、 まさか!まさ ...

乳がん検診を受けた理由【32歳で初期乳がん 全然受け入れてません 1話‐③】by 水谷緑

水谷緑先生「32歳で初期乳がん 全然受け入れてません」絶賛掲載中! ⇒「32歳で ...

いよいよ同居が始まった!【私が同居を解消するまで その3】 by ワンタケ

こんにちは~、ワンタケです^^ 同居から同居解消までを書いております。 ちなみに ...

 - じいじばあば, 病気・トラブル